江戸・徳川幕府の三貨制度。

・【金】【銀】【銭】はいくらぐらいで売れる?
・価値が高い古銭はどんなの?
・高く売る方法は?

 

江戸時代のお金の価値や概要について種類別にまとめていますので、江戸時代の古銭に興味がある方、価値を知りたい方、高く売りたい方のお役に立てれるかと思います。

 

江戸時代のお金など古銭の高価買取は絶対にココ

高額買取なら【買取プレミアム】



 

 

目次(押すと開きます)

江戸時代のお金の種類

徳川幕府の貨幣制度

【金】【銭】は計数貨幣

1両=4分=16朱=4000文

1分=4朱=1000文

1朱=250文

【銀】は秤量貨幣(重さで価値が変動)

60匁=金1両

(1匁=3.75g)

【金】甲州金・大判小判・判金

甲州一分金(表)

江戸時代の【金】と言えば、大判小判・分金ですが金貨の起源【日本で最初の額面表示金貨】は甲州金。

甲州金の価値は300万円近いものもありますが、ほとんどの甲州金が1万円以下が相場になります。

参考記事甲州金の価値や買取価格・糸目金~1両金

大判

慶長大判金(笹書)

大判金(画像は慶長大判金(笹書)

最上位の貨幣なだけあって、総じて価値が高いです。

年号の【天正(1573年)】から始まり【万延大判(1862年)】まで大きく分けて6種類の大判があります。

 

日本古銭で最も高いとされる【天正(菱)大判】は1億円を超える価値があり、

・【天正】【慶長】【元禄】

=2500万円以上

・【享保】【天保】【万延】

=200万円以上が大判の価値の目安になります。

参考記事【保存版】大判金の価値や概要まとめ・天正大判~万延大判

小判

慶長小判金

小判(画像は慶長小判金)

最初の小判は大判より少し遅く、【慶長(1601年)】から始まり【万延(1867年)】

年号別で11種類もの小判が作られました。

 

小判の価値の目安として

・【慶長】【元禄】【宝永】【正徳】【佐渡】

=100万円以上~900万円

・【享保】【元文】【文政】【天保】【安政】【万延】

=10万円~50万円

 

【偶然大吉】などの特殊なものだと価値は大幅に高くなります。【偶然大吉】など小判について詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考記事小判金の価値や概要まとめ・慶長小判~万延小判

判金

慶長一分判金

一分金や二分金(画像は慶長一分金)一朱金や二朱金などがあります。

 

判金の価値は統一性がないので目安として出すのは難しいのですが、

ほとんどの判金は1万円以下が相場です。

表と裏で上下の向きが違う【逆打ち】で1万円~10万円ほどに価値が高くなります。

 

ですが、最初の判金【額一分判金】【佐渡一分金】などはカタログ価格200万円。

【慶長一分判金の両元】【正徳一分金】などは60万円以上などと高額な判金もありますので、しっかりと調べるか専門家に見てもらって損しないようにしましょうね|д゚)

参考記事年号別・判金の価値や概要

【銀】判銀・丁銀・豆板銀

天保一分銀逆打ち

秤量貨幣の【銀】

画像は天保一分銀(逆打ち)

一分銀や、丁銀・豆板銀などがあります。

一分銀の価値もほとんどが1万円ほどになります。

参考記事一分銀の価値を把握して【正しい売り方】で高価買取してもらおう

丁銀

慶長丁銀(前期・後期)

画像は慶長丁銀(前期・後期)

江戸時代以前に作られた丁銀は【古丁銀】に分類されます。

 

江戸時代の丁銀は【慶長丁銀(1601年)】に始まり【安政丁銀(1865年)】まで8種の丁銀+古丁銀があります。

丁銀の価値の目安は

・【古丁銀】【宝永永字】【宝永三ツ宝】

=300万円~1000万円

・【慶長】【元禄】

=60万円~100万円

・【正徳・享保】【元文】【文政】【天保】【安政】

=4万円~10万円

また、1面に打たれている刻印の数も価値に影響し、12の刻印があり全て大黒極印【12面大黒】だと大幅に価値が高くなります。

参考記事丁銀・豆板銀の価値や買取価格

豆板銀

安政豆板銀

画像は安政豆板銀

丁銀の端数を補うためのお金です。(小銭の役割)

豆板銀が正式に鋳造される前は、丁銀を切った形の切銀(きりぎん)と呼ばれています。

 

豆板銀は1g以下の小さいものを露銀(つゆぎん)

片面刻印・両面刻印

元号文字(宝永なら宝)が大量に刻まれている【群字】。
1面いっぱいに元号文字が刻印されている【大字】などで価値が変動し、

・露銀は1000円~5000円程度。

・普通品で3000円~5万円。

・群字や大字だと20万円~40万円が豆板銀、相場の目安になります。

【銭】皇朝十二銭・寛永通宝などの穴銭・絵銭(おまけ)

和同開珎

江戸時代の【銭】と言えば寛永通宝ですが、穴銭の始まりは西暦708年、和同開珎。(画像)

和同開珎から250年に渡って鋳造されていた穴銭を総じて皇朝十二銭と呼びます。

参考記事【皇朝十二銭】和同開珎~乾元大宝の価値や概要・日本最古の貨幣

 

穴銭

寛永通宝(島屋文と通常)

江戸時代に入る少し前、西暦1587年から天正通宝、文禄通宝、永楽通宝などが鋳造され、江戸時代に入っていきます。

 

【慶長通宝(1606年)】【天保通宝】【文久永保(1863年)】と様々な穴銭が鋳造されました。

地方専用の【地方貨】や、穴銭を模して作られた【絵銭】など数え切れない種類の穴銭が存在しています。

参考記事地方貨の価値や概要まとめ・筑前分金や会津銀判など

参考記事絵銭の価値や相場まとめ|種類別の特徴や概要

 

穴銭は書体の違い、文字の大きさなどで【同じ年代の同じ種類の穴銭でも1000円~30万円と物凄く価値の開きがあったりしますので、1つアドバイスをするなら自分で見極めようとするのは厳しい】といったところです^^:

 

上記を踏まえて、価値が高いものは【母銭】が多く、3万円~30万円
※穴銭の型となる物。材質や大きさが違います。

通用銭はほとんどのものが数百円程度~1万円以下が相場の目安になります。

参考記事【穴銭・銭貨】通宝の価値や買取価格まとめ

江戸時代のお金まとめ

【金】の価値まとめ

  • 大判はカタログ価格200万円以上と総じて価値が高い【最高値は1億円以上】
  • 小判も100万円を超える物が多い【裏面に大吉極印だと高い】
  • 判金は流通数も多く1万円以下の物が多い【逆打ちだと嬉しい】

【銀】の価値まとめ

  • 丁銀は4万円~50万円が多く、古い物で大きいほど価値が高い【12面大黒極印だと価値が高め】
  • 豆板銀は数千円の物が大半だが、【群字】【大字】だと20万円~40万円になる
  • 一分銀は1万円以下が基本で、プレミア価値がつくのはあまり期待できない

【銅】の価値まとめ

  • 和同開珎など皇朝十二銭は100万円を超えるような穴銭も多くある
  • 基本的な穴銭は1万円がほとんど
  • 中には少量だと買い取ってもらえないほどの穴銭もある

江戸三貨を高く売るには

古銭を売る方法はコイン商、オークションなどがありますが、パターンは3つです。

①【無料査定】➡【査定額に納得】➡【買取成立】

 

【無料査定】➡【本物と判断された金額だけど査定額に不満足】➡【違う業者で無料査定を繰り返す】
※相見積もり

 

③【無料査定】➡【本物と判断された金額だけど査定額に不満足】➡【鑑定書を取得】➡【オークションで売る】
※贋作でもちょっとした値が付く事はありますが、例外的なので省きます

 

私自身②の相見積もり。③でオークションで切手なども含めると100近い売買を経験しています。

そういった経験に加え、オークションを見るのは趣味ですのでここ数年定期的にチェックしていますが、1番手間がかかるのが③なのに対し、1番高く売れるのは②だったりします。

 

手短に言うと、
①や②で確実に適正金額で売る事ができます。

 

③のオークションで高く売れることもあるのですが、、、
手間や時間、リスクにトラブルを考慮すると決してオススメはできません^^:

 

表面上は高く売れてそうなんですけど、鑑定書やらヤフオク手数料やらでかなり持っていかれます( 一一)

参考記事古銭・コインを高く売るにはヤフオク?買取業者?【徹底比較】

 

相見積もりも価値の基準がわかるので有効なのですが、結局高く売れる業者ってのは色々な物を何回見積りに出しても決まっています。

お問合せから当サイトに寄せられる口コミでも結果は同じでしたので、
さすが買取業界の最大手といったところです^^

 

無料査定を申し込む

高額買取なら【買取プレミアム】



 

 

申込方法(押すと開きます)

無料査定はこちら

お問い合わせフォームへ
のボタンを押す

もしくは下にスクロールすると

買取プレミアムの申込フォーム

 

画像のように入力フォームがあるので、

名前、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレス

を入力します。24時間いつでも大丈夫です^^

最初に電話で予約する事も可能なのですが、入力フォームで記入しておいた方がスムーズに進みます。