元禄大判・元禄小判

享保大判・享保小判

上記で挙げた2種の大判小判の価値や特徴を
【長元・短元】【偶然大吉】など種別ごとに取り上げましたので、参考にしていってもらえたらなと思います。

 

目次(押すと開きます)

元禄大判金の価値や特徴

元禄大判金

元禄大判金(げんろくおおばんきん)

鋳造期間1695年~1716年
(元禄8年~享保元年)

金521/銀449 雑30

量目 164.56g

墨書・第10代 後藤康乗光侶

特徴・背に【元】の極印

売値は2000万円~~

少しでも加筆などがあれば1500万円~~といったところでしょう。

【元書・加筆】の意味はこちら

カタログ価格

鋳造量
3万枚5000万3500万2500万

元禄小判金の価値や特徴

元禄小判金・か吉・短元

元禄小判金(げんろく こばんきん)

鋳造期間 1695年~1710年
(元禄8年~宝永7年)

金564/銀436

量目 17.81g

特徴・背に【元】字の極印があり、長元・短元がある

長元・短元の見分け方

種別
長元360万260万180万
短元500万350万250万
偶然大吉600万500万350万

偶然大吉についてはこちら

享保大判金の価値や特徴

享保大判金(15代目)

享保大判金(きょうほうおおばんきん)

鋳造期間1725年~1837年
(享保10年~天保8年)

金676/銀324

量目165.38

特徴・約110年もの長いあいだ鋳造されてきたので墨書後藤家12代~16代と6世代に渡って発行されており、世代によって価値も特徴も異なります。

以下の画像で、左側の小判の方が12代目。
右側に13代目~16代目の特徴になります。

見にくいと思いますが、ご了承ください^^:

享保大判・世代ごとの墨書12代目~16代目

種別
12代 寿乗900万700万450万
13代 延乗850万600万450万
14代 桂乗850万600万450万
15代 真乗650万550万400万
16代 方乗550万450万350万

享保小判金の価値や特徴

享保小判金・背・筒当

享保小判金(きょうほう こばんきん)

鋳造期間 1714年~1736年
(正徳4年~元文元年)

金861/銀139

量目17.78g

特徴・慶長小判と似ていますが、【光と次の字が離れている】のが特徴です。

種別
 享保小判 90万70万 55万 
偶然大吉 160万120万 80万 

元禄・享保大判小判の価値や特徴まとめ

  • 元禄大判は元書だと2000万円以上の高値がつく
  • 享保大判は後藤家12代~16代で価値が変わり、元書で300万円~500万円
  • 元禄小判は150万~~
  • 偶然大吉だと300万~~
  • 享保小判は30万円~~
  • 偶然大吉で50万円~~

大判や小判をまとめていますので合わせてどうぞ

大判金の価値や概要まとめ・天正大判~万延大判

小判金の価値や概要まとめ・慶長小判~万延小判

 

 

 

アサガオ横線イラスト

古銭や記念コイン
無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

古銭買取おすすめ業者(ボタン)