慶長一分判金の次に発行された

元禄一分判金・元禄二朱判金・宝永一分判金の

買取価格やヤフオク落札相場について書いていきたいと思います。

元禄一分判金

元禄一分判金

金564/銀436 量目:4.46g

元禄8年(1695年)~宝永7年(1710年)

慶長一分判金に次ぐお金です。

元字一分判(げんじいちぶばん)

元禄金(げんろくきん)あるいは元字金(げんじきん)と呼ばれる事もあります。

買取価格は15万円~20万円。

逆打ちなら25万円~30万円。

元禄一分判金ヤフオク落札相場

元禄一分判金ヤフオク落札相場

上の2つが逆打ちの元禄一分判金になります。

ヤフオクだからこの値段なのか、タイミングや出品方法が悪かったのか、

相場が下落したのか少し分かりかねますが推測の半分程度の値しかついていませんね。。。

元禄二朱判金

元禄二朱判金(逆打ち)

画像はレア物の逆打ち元禄二朱判金。

慶長一分判金にはなかった初の二朱判金。【二朱】の文字が刻まれています。

買取価格は25万円前後。

逆打ちなら50万円前後。

元禄二朱判金ヤフオク落札相場

元禄二朱判金ヤフオク落札相場

残念ながら逆打ちは出品されていませんでした。こちらは推定額に近い額がついています。

宝永一分判金(乾字一分判金)

宝永一分判金

宝永一分判金(ほうえいいちぶはんきん)

裏面に【乾】の文字が刻印されており、乾字一分判金(けんじいちぶばん)とも呼ばれています。

金834/銀166 2.33g

1710~1714年(宝永7年~正徳4年)

買取価格は9万円。

逆打ちなら28万円。

宝永一分判金ヤフオク落札相場

宝永一分判金ヤフオク落札相場

鑑定書付きでも5万円前後での落札も目立ちました。オークションは読めない部分が多くてリスクが高いですので、誰かに勧められてもいきなり高額な物を出品するのは絶対に止めておきましょう。

元禄・宝永一分判金・二朱判金の価値まとめ

 ☆彡ヤフオク買取価格
元禄一分判金95,000円15万円
 逆打ち12万円25万円
〃二朱判金21万円25万円
逆打ち不明50万円
宝永一分判金8万円9万円
逆打ち不明28万円

どれも非常に高値がついていましたね^^

ですが買取専門店の公表や実績からの推定買取価格と大きくズレました。高値で取引されていた結果の大半が5年以上前なので価値の下落の可能性も否めませんが、大きな理由はそうではないと思います。

 

今までもヤフオクと買取専門店の値段とたくさん比較してきた経験で言いますと、相場の額が大きいほどズレが大きくなります。

買い手側の心理の問題でしょう。

有名なストアが出品している場合は高く売れる傾向にありますが、個人で高く売るには無理があるシステムだと思います。

出品する前に買取専門店で無料査定を受ける事をオススメします^^

 

アサガオ横線イラスト

古銭や記念コイン
無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

古銭買取おすすめ業者(ボタン)