江戸時代2番目の元禄丁銀、元禄豆板銀。

総称して元禄銀、元字銀とも呼びます。

 

ほとんどの元禄丁銀の売値は60万ほどですが、300万円を超える種類もあります。

豆板銀も数千円の物から20万円を超えたりと大幅に開きがあります。

種類ごとの特徴や価値を書き留めていますので、参考にしていただければ幸いです。

目次(押すと開きます)

元禄丁銀

元禄丁銀2種

画像の元禄丁銀は、左が通常の元禄丁銀
右が元禄12面大黒丁銀です。

・元禄丁銀(げんろく ちょうぎん)

・鋳造年間1695年~1706年

・鋳造量405,850貫

・銀640/その他360

・量目 不定

・特徴 【元】の極印が打たれています。

種別
元禄丁銀250万円180万円120万円
12面丁銀400万円300万円200万円
12面大黒丁銀700万円500万円350万円

元禄豆板銀

元禄豆板銀

元禄豆板銀(げんろく まめいたぎん)

画像は左から【普通品】【元字大黒】【元字大黒めぐり元】【群元】【大字元】

種別
露銀3万円15,000円7,000円
普通品7万円35,000円18,000円
片面大黒20万円12万円5万円
【両面】両面大黒30万円17万円85,000円
【両面】群元55万円35万円25万円
【両面】大字元60万円35万円25万円

 

元禄豆板銀の極印

露銀は0,1匁程度(0.375g)の小さな豆板銀です。

大字元や群元は他の豆板銀でも総じて価値が高いので、持っていたらラッキーですね^^

元禄丁銀・豆板銀の価値や概要まとめ

元禄丁銀まとめ

  • 大半の元禄丁銀は極印8~10打ちで120万円
  • 12面丁銀だと200万円
  • 12極印全てが大黒極印だと350万円

元禄豆板銀まとめ

  • ほとんどの元禄豆板銀が普通品~露銀
  • 両面打ちだと価値が大きく上がる
  • 更に元の字が大量に打たれている【群元】や1面いっぱいに大きく元の字が極印されている【大字】だと25万円まで上がる

※実際の売値はカタログ価格の1/3~下が相場です。

他の丁銀・豆板銀の価値や概要をまとめていますので合わせてどうぞ^^

丁銀・豆板銀の価値や概要まとめ【古丁銀・慶長~安政】

 

アサガオ横線イラスト

古銭や記念コイン
無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

古銭買取おすすめ業者(ボタン)