・翡翠はいくらで売れる?

・どこで売ればいいの?

・価値が高い翡翠はどんなの?

パワーストーンや5月の誕生石、宝石として希少価値の高い翡翠についてまとめています。

目次(押すと開きます)

翡翠の価値や相場

宝石

翡翠の宝石類(買取相場)

それぞれの数字はオークションや買取業者で売れた値段を表記しています。

ブレスレットは中国骨董品としても分類される物ですが、曖昧な分類境界線ですので。。。

骨董品・茶器

翡翠骨董品の相場

翡翠の硯(すずり)がとくに高値がついています。

勾玉以外は中国骨董で、【骨董品】としての価値も高いのも高値がついた理由の一つでしょう。

宝石としての価値・骨董価値

翡翠の価値は【大きさ】【透明度】【産地】【色ムラ】【ジェダイド(硬玉)】などの宝石としての価値。

そして骨董品としての価値から算出されます。

 

要約すると、

・綺麗で大きいほど宝石としての価値は高く、

・歴史が長く需要が高く完成度が高いほど骨董品としての価値が高まります。

【骨とう品として価値が高い】宝石としての価値が低い柔玉で造られていたとしても、価値が高い場合もあります。

ですので【宝石】【骨とう】両方からの視点でしっかりと査定してくれる業者で見てもらうのが大切なポイントになります。

硬玉と柔玉の違い(クリック)

翡翠には

硬玉(ジェダイト)

柔玉(ネフライト)があり、主な違いはそのまま【硬度】の違いです。

宝石としてみなされる価値が高い翡翠は【硬玉】の方ですが、柔玉で作られた翡翠の宝石もたくさん作られています。

安い翡翠の宝石は柔玉が使われている事が多く、硬玉として売られている事も多いですので購入の際は確認が必要です。

品質の高い翡翠は向こう側が見れるほど透明度が高いのが特徴です。

産地

硬玉翡翠の主な産地は日本の糸魚川とミャンマー。

日本の糸魚川産の翡翠は世界最古の翡翠。昭和31年に天然記念物に指定された今では採掘する事はできませんが、海岸に打ち上げられた翡翠は拾う事ができます。

ミャンマー産の翡翠が世界で見て最も綺麗な翡翠とされています。中国人の買い占めにより値段が高騰しました。

※質の悪いミャンマー産の翡翠が糸魚川の翡翠にそっくりなのでそれを糸魚川産の翡翠として売っていたりします。

翡翠の宝石・茶器を高く売りたい

宝石としての価値も、骨董品としての価値も考慮してもらえる大手買取業者で売るのが最も無難と前述しましたが、翡翠の質はそれほど良くない場合でも、骨董価値が高い場合、その逆の場合もあるからです。

 

大手を勧めるのは販売力が高いですし、資金力も豊富で在庫を抱えることができますので、物を売る場合は【大手で売るのが基本】になります。

物を安く買う場合は決して大手が1番イイとは言えないのですけどね……

骨董マニアが推奨する買取業者(全国無料査定)

不要な骨董品、想い出の骨董品、売るなら【バイセル】



 

ここで高く売れなかったらドコで売っても無理だなって思えるぐらい信用できる業者です。

徹底的なコストカットでの高価買取、目利きのイイ査定人が全国に待機しているからこその最速出張査定がウリで、

買取対応商品も多いですので、売りたい物をまとめて見てもらった上で高く査定してもらえた物だけを売るのがオススメです^^

もちろん査定は無料ですし、宝石買取と骨董品買取に力を入れていますので、翡翠を売るのには最適な業者です。

今すぐ申込む

高価買取専門!アクセサリーの買取【バイセル】

 

アサガオ横線イラスト

 

その骨董品
まずは無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

 

骨董品・高価買取おすすめ業者