明治末期、改造紙幣から甲号券に移り変わりました。

【イノシシ】や【透し大黒】と呼ばる甲号兌換銀行券についてまとめています。

 

甲号兌換券と言えば、兌換甲号(武尊1000円札)を思い浮かべる方も多いと思いますので、武尊1000円札の価値や概要についても書いています。

目次(押すと開きます)

甲号兌換銀行券

裏紫100円、裏猪10円、中央竹内5円、透かし大黒5円(乙号)。

価値は分かりやすく、裏紫100円は10万~30万(前期は100万円~500万円)

その他の甲号兌換銀行券は5万円~100万円。(実際の相場1万円~10万円

裏紫100円

甲号兌換銀行券・裏紫100円

・発行 1900年12月25日(明治33年)

・廃止 1939年3月31日(昭和14年)

・図案 藤原鎌足と談山神社(ふじわらのかまたり と たんざんじんじゃ)

・大きさ 104㎜✖180㎜

万葉かな=前期

アラビア数字=後期

見分け方は上記画像で【10】と書かれている(組番号)部分が、万葉記号で【いろは】
【163293】と書かれている(通し番号)部分が【漢数字】で書かれているかどうか。市場に出ている大半の裏紫100円札は後期アラビア数字紙幣です。

黄色マーカーで引いている特徴部分で簡単に判別できますが、他の甲号兌換銀行券も同じように分類されています。

種別完未未使用品極美品美品
 万葉記号 ?500万 250万 180万 135万 
アラビア ? 250万 85万 48万 30万 

裏猪10円

甲号兌換銀行券・裏猪10円

・発行1899年10月1日(明治32年)

・廃止1939年3月31日

・図案 和気清麻呂と護王神社。(わききよまろ と ごおうじんじゃ)

・裏 猪(通称イノシシ10円)

・大きさ 95㎜✖159㎜

種別完未未使用品極美品美品
 万葉100万 80万 25万 18万 10万 
アラビア 120万 90万 30万 22万 12万 

中央竹内5円

甲号兌換銀行券・中央竹内5円

・発行1899年4月1日

・廃止 上に同じ

・図案 武内宿禰(たけしうちのすくね/たけうちのすくね/たけのうちのすくね)

・大きさ 85㎜✖146㎜

・通称(中央竹内5円)

種別完未未使用品極美品美品
万葉 60万 50万 18万 10万 5万 
 アラビア80万 60万 25万 16万 9万 

乙号兌換銀行券5円(透し大黒5円)

乙号兌換銀行券・透し大黒5円透かし大黒

・発行 1910年9月1日(明治43年)

・廃止 上に同じ

・図案 菅原道真と透かし大黒(すがわらの/みちざね/みちまさ/どうしん)

・大きさ 78㎜✖136㎜

画像では分からないですが、白い〇の部分を光に充てると大黒様が浮かび上がってくるタメ【透かし大黒】と呼ばれています。

翌年1911年に大正に入るのですが、透かし大黒は明治時代最後の新しく発行された紙幣になります。

種別完未未使用品極美品美品
 透し大黒5円65万 50万 22万 10万 6万5千 

【最初の千円紙幣】兌換券甲号・日本武尊1000円紙幣

兌換券甲号・日本武尊1000円

・発行1942年4月20日(昭和17年)

・廃止1946年3月2日(昭和21年)

・図案 日本武尊と建部神社(ヤマトタケル と たけべじんじゃ)

・大きさ 100㎜✖172㎜

・組番号 1組~9組

発行から4年、流通からわずか1年で失効された高額紙幣です。当時の貨幣価値に換算すると180万円近い価値があったのだとか……

種別完未未使用品極美品美品
 武尊1000円札60万 50万 32万 24万 15万 

甲号(乙号)兌換銀行券まとめ

甲号兌換銀行券に兌換券甲号、改造兌換やらと小難しく感じますよね|д゚)笑

甲号兌換銀行券は改造紙幣と図案の人物が全く同じです。

参考記事改造兌換銀行券の価値や概要|竹内1円~めがね100円

 

以上、

明治時代末期の紙幣、甲号(乙号)兌換銀行券と日本武尊1000円札の価値・概要まとめでした^^

 

アサガオ横線イラスト

古銭や記念コイン
無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

古銭買取おすすめ業者(ボタン)