一分銀には

天保一分銀、安政一分銀、明治一分銀

3種の物があります。価値は3,000円程度の物から70,000円を超える物まであります。

 

自分で種類から相場まで調べてオークションやコイン店に売るのが一般的と思っている人は多いように思えますが、インターネットが進んだ現代、コストが高い店舗を構えずにインターネット専門で更に買取に特化している買取専門店に売るのが【最も正しい売り方】になります。

 

手間も時間もかからず、自宅に居ながら売ることができるので費用も0。
査定もキャンセル料も無料なのでオークションと違ってノーリスク。

価値を知りたい方も、高く売りたい方も、売りたい物が多数ある方も申込フォームに記入して無料査定を依頼しましょう^^

様々な古銭買取業者に査定してもらい、査定額も対応も良かった大手買取専門店です 

高額買取なら【買取プレミアム】



 

 

目次(押すと開きます)

天保一分銀の価値・概要

天保一分銀

発行年1837~1854年(天保8年~安政元年)

天保一分銀(てんぽういちぶぎん)

古一分銀(こいちぶぎん)とも呼ばれています。

銀991/その他9

純銀に近い配分量ですが、純銀ではありません。また、天保一分銀と言っても種類は複数あり、価値も大幅に変わります。

普通品 3,000円

ハネ分 10,000円

長柱座 80,000円

長跳分 100,000円

逆打ち 400,000円

 

長柱座やハネ分などの基本的な見分け方は後述していますが、

偽物である贋作も多いため、価値を見抜くのはめちゃくちゃ難しいです。写真を送るだけで鑑定してくれる無料オンライン査定というサービスが便利で安心ですので活用しましょう♪

無料オンライン査定とは
【メール査定】【LINE査定】 どちらも売りたい物の画像を送るだけで鑑定してもらえるサービスです。 売りたい物が大量の場合だと画像の撮影も大変になりますが、少量の時は非常に便利なサービスなので有効活用しましょう。

サービス対応の買取専門店をまとめています

古銭・記念コインおすすめ買取業者

庄内一分銀の価値・概要

庄内一分銀ハネ

発行年1837~1854年(天保8年~安政元年)

8.66g

銀991/その他9

庄内一分銀(しょうないいちぶぎん)

天保一分銀に【庄】の文字が入っているのが特徴的です。買取価格は

通常 5,000円~10,000円

ハネ分 長柱10万円~

安政一分銀の価値・概要

安政一分銀

発行年1859~1868年(安政6年~明治元年)

8.63g

銀873/その他127

安政一分銀(あんせいいちぶぎん)

買取価格は

玉一 10,000円~

入分 10,000円~

中柱座 30,000円~

逆打ち 40万円~

明治一分銀の価値・概要

明治一分銀

発行年1868年~1869年(明治元年~明治2年)

銀807/その他193

8.66g

明治一分銀(めいじいちぶぎん)

買取価格は

10,000円~

ハネ分20,000円~

一分銀の基本的な見分け方

定落

=定の字が抜けている希少モノ(エラー印刷)

玉一

=【一】の字の終わりに玉が付いているような書体

玉座

=裏面の【座】最終画(座の右下)に玉が付いているような書体

入分

=【分】の字の上の部分が【入】みたいな書体

中柱座

=【銀座】の【座】の部分、【土】の字の縦の線が長い書体

逆打ち

=通常は表も裏も【上下の向きは同じ】ですが逆に彫られています

跳分(ハネ分)

=【一分】の【分】文字の第一角が跳ねている書体

川常

=【常】の頭部書体が川

一分銀の価値まとめ

逆打ちや定落なら一気に価値が高くなります。次に中柱座と呼ばれる物ですね。

そのように天保一分銀など同じ種類の物でも数千円~数十万円などと価値は大きく変わります。なので【正しい売り方】が大事なのです。適当にオークションやコイン店で売るのは絶対に避けましょう。

 

傷や色落ちなどの状態でもかなり価値は変わってきますので、たとえ今すぐ売る気は無かったとしてもまずは無料で受けれる出張査定を申込むのが手間もかからず何よりも確実で最も正しい見積り方になります。

最後に1つ助言させてもらうと、こういったコレクター物の価値は下落傾向にありますので、お早めに売ることを推奨します。

 

アサガオ横線イラスト

古銭や記念コイン
無料査定
高く売れるかも

買取プレミアム出張買取の魅力

古銭買取おすすめ業者(ボタン)