1835年(天保6年)から1891年(明治24年)まで100文銭として使われていた天保通宝。

寛永通宝と同じくほとんどの天保通宝は価値が低い。

一般的に出回っている通用銭に比べて希少な母銭だけ高値がつくと言われていますが、天保通宝の通用銭でも売値が10万円を超える物も存在しています。

大手のしかるべき場所に出せば想定以上の値で売れるかもですね^^

↓↓天保一分判金の事はこちらの記事に書いています↓↓

天保一分判金の価値や買取価格

天保通宝の種類別一覧表

母銭通用銭
本座長郭800001200~2000
本座細郭 1300001200~2000
本座広郭 500001000~1800
本座中郭 希少10000~20000
薩摩広郭 〃5000~10000
〃短尾通横郭1500~3000
福岡母銭通用銭
 離郭 希少 18000~35000
岡 痩通2500~5000
額輪短尾通3000~8000
会津母銭通用銭
 短貝宝 希少 10000~18000
長貝宝 〃6万~13万
広郭長足宝13万~25万
山口母銭通用銭
曳尾 希少14000~25000
方字8000~15000
大字平通4万~8万
秋田母銭通用銭
長郭 希少10000~18000
広郭 〃15000~25000
細郭4万~6万
水戸母銭通用銭
潤字退宝 希少2500~5000
短足宝 〃2500~5000
大字3500~8000
南部母銭通用銭
大字 希少3万~5万
鋼山手 〃
小字10万~30万

※日本貨幣カタログ2017引用

実際の取引価格(売値)は表記の1/3~最低価格と思っておくぐらいで丁度イイと思います。

母銭が【希少】で値段が載っていないのは、市場に出回っていないため価値をつけられないって事です。例えば以下の天保通宝は約700万円もの値段で落札されました。

700万円の値が付いた天保通宝

天保通宝 長郭手 奇天

さすがにこの程度の値段がつくのはそうそうないでしょうが、夢がありますね^^

一般的に出回っている天保通宝は上の方に書いている【本座広郭】で大半の天保通宝は1000円程度で取引されています。

価値が高い天保通宝

寛永通宝と同じく母銭は価値が高い。

※母銭とは通用銭の型となるもの。材質も大きさも違う。基本的に通用銭より大きく、クッキリと綺麗な銭貨。

 

通用銭はほとんどの天保通宝が1000円~1万円未満ですが、買取価格が10万を超えるような価値が高いものもある。

見分けるのは無理がある?

広郭、長郭、細郭などで出てくる【郭】と言うのは真ん中に空いている穴のふちの事で、太く正方形なら【広郭】などと判断します。

銭貨自体の長さだったり重さだったりで判断する場合もあります。画像だけでは判断しきれない場合も多々あります。なので少ない情報で判断してオークションなどで適当に売るのだけは止めておきましょうね^^

こちらを参考に大手専門店で無料査定するのが失敗する事もなく、高く売れます

【オススメ】古銭買取専門店

 

 

 

他の【通宝】の価値もまとめています

【穴銭・銭貨】通宝の価値や買取価格まとめ