実際に流通していたお金の中で最も古い貨幣、和同開珎。

和同開珎は種類は多く、同じような銭貨でも売値10万~300万と大きく差があります。

 

本記事では古和同開珎、新和同開珎の価値や概要、

皇朝十二銭と呼ばれる他の銭貨について取り上げていきたいと思います。

目次(押すと開きます)

皇朝十二銭(本朝十二銭)とは

西暦708年(和同元年)~963年(応和3年)にかけて日本で使用されていた12種類の貨幣の事を皇朝十二銭(こうちょうじゅうにせん)と呼びます。
※本朝十二銭(ほんちょうじゅうにせん)とも呼ぶ。

名称素材年号
和同開珎
(わどうかいほう/ちん)
708年(和同元年)
萬年通宝
(まんねんつうほう)
760年(天平宝字4年)
神功開宝
(じんこうかいほう)
765年(天平神護元年)
隆平永宝
(りゅうへいえいほう)
796年(延歴15年)
富寿神宝
(ふじゅしんぼう)
818年(弘仁9年)
承和昌宝
(じょうわしょうほう)
835年(承和2年)
長年大宝
(ちょうねんたいほう)
848年(嘉祥元年)
饒益神宝
(にょうえきしんぼう)
859年(貞観元年)
貞観永宝
(じょうがんえいほう)
870年(貞観12年)
寛平太宝
(かんびょうたいほう)
890年(寛平2年)
延喜通宝
(えんぎつうほう)
銅・鉛907年(延喜7年)
乾元大宝
(けんげんたいほう)
銅・鉛958年(天徳2年)

日本で最初の貨幣は富本銭?和同開珎?

なお、683年ごろに発行された富本銭(ふほんせん)が【日本で最初の貨幣】
※使われていた形跡がない

和同開珎が【日本で最初に流通した貨幣】

起源は不明(1580年頃)に発行された甲州金が【日本で最初の額面表示金貨】

甲州金の価値や買取価格【いくらで売れるの?】糸目金~1両金

富本銭
683年(天武天皇12年)頃に日本で作られたとされる銭貨。実際に使われていたのか、おまじない用として使われていたのかは不明です。

引用元:Wikipedia

和同開珎

和同開珎

日本で最初に流通したお金として広く知れ渡っていて、以下のように大きく二分されています。材質、製作方法、書体で区分されており、

材質が脆く稚拙で書体が不均一なのを古和同開珎。

材質が固く書体が均一的なのを新和同開珎

一般的に和同開珎といえば新和同開珎の事を指しています。

古和同開珎の価値

 名称素材価格特徴
笹手 銅・銀 300~550万銭文の末端が細く、同の口が降りる
 縮字  銅・銀 220~400万尓の第四画の先端が陰起し、点に見える
大字・小字  銅・銀 250~400万和が縦長で開が長大、小字はその逆になる
隷開250~400万同の口が左に寄り、開が隷開
80~120万同の口が左に寄り、開が隷開

新和同開珎の価値

 名所素材価格特徴
 中字(標準銭) 銅 18~35万最も標準的な基本書体
短和(降和)20~40万和が降り、珎の王と同の口が大きい
長珎120~150万尓の第二・三画が降り、珎の尓が長い
小珎20~40万和の口が昴り、珎の尓が左に寄る
ノ木40~60万和の第5画が長く、珎の尓が長い
三ツ跳160~250万和同珎の三字の末端が跳ね、文字が大きい
四ツ跳130~200万四字共末端が跳ね。文字が小さい

※日本貨幣カタログ2017より抜粋

1000年以上も昔の貨幣ですので、状態が保たれている現物はほとんどなく、状態によって価値が大きく変わります。

保管の仕方が悪いと、
【数十年ほど保管していたらボロボロと崩れ去った(泣)】といった悲しいエピソードも耳にしますので、きちんと保管するか価値の高いうちに売ってしまわれた方が得策でしょう。
※価値がこの先上がる事はまずない

売るさいの実際の価値はカタログ値最低価格の1/3~最低価格の間が【相場】になる事がほとんどです。

多数の買取業者で見積りを行いましたが、こちらの業者が高く査定してくれました

【オススメ】古銭や記念コイン買取専門店

 

萬年通宝の買取価格

萬年通宝

売値6万~20万ほど。

神功開宝の買取価格

神功開宝

売値4万~100万ほど。

一般的な神功開宝は長刀と呼ばれるもので、縮力だと60万~100万ほどの値がつきます。

隆平永宝の買取価格

隆平永宝

売値は4万~100万。

隆平永宝の中でも二水永と呼ばれるものに高値がつきます。

富寿神宝の買取価格

富寿神宝

売値6万~130万。

大様寿貫 と呼ばれるものに高値がつきます。一般的な富壽神寶は5万~6万前後と思われます。

承和昌宝の買取価格

承和昌宝

売値10万~30万円。

長年大宝の買取価格

長年大宝

売値15万~50万。

小字と大様があり、前者は15万。後者は50万円ほどの買取価格がつきます。

饒益神宝の買取価格

饒益神宝

かなり希少で150万~400万の値がつく事があります。

貞観永宝の買取価格

貞観永宝

売値は8万円~~。

出回っているほとんどの貞観永宝が8万円~15万円ほどで取引されています。

寛平太宝の買取価格

寛平大宝

6万~40万円。

小字と大字があり、前者が一般的なもので6万円ほど。後者の大字が40万円前後の価値がつきます。

延喜通宝の買取価格

延喜通宝

3万~15万円。

乾元大宝の買取価格

乾元大宝

30万~180万円。

一般的な乾元大宝(長元)が30万。 【接郭】と呼ばれるタイプに高額の価値がつきます。

皇朝十二銭まとめ

  • 和同開珎から始まり、大きく分けて日本で最初に流通した貨幣、十二の銭貨の事を指す
  • 価値は状態やタイプによって大きく変わるが、総じて高値がつく
  • 皇朝十二銭の中でも高値がつくものは400万円以上

 

贋作も多く、資料や現存している貨幣も少ないタメ価値の把握が非常に困難です。

決して材質が良質とも言えないですし、保管が難しいのも困った点ですね^^;

希少なものですので、価値を損なわないように、
価値を見誤って安く手放してしまうような事もないようにして欲しいなと思います。

想定より高く査定してくれた大手買取専門店のみ紹介しています♪

【オススメ】古銭や記念コイン高価買取で評判のイイ買取専門店