珊瑚の指輪やネックレスなどの宝石類、

彫刻品などの骨とう品として使用されるなどその美しい見た目から人気も価値も高い宝飾品。

・サンゴはいくらで売れる?

・どこで売るのがイイ?

・価値が高いサンゴはどんなの?

珊瑚の売値や価値の高い珊瑚の見分け方についてまとめています。

目次(押すと開きます)

珊瑚の買取相場

宝石類

【赤珊瑚】宝石買取実例

赤い数字は売値(買取価格)です。

骨とう類

珊瑚彫刻の買取実例

宝石類の珊瑚は真っ赤、骨とう類の珊瑚は白みがかっています。

宝石としての価値は【真っ赤なほど価値が高い】のですが、彫刻として使われるのは少し白みがかっている桃色珊瑚が使われるタメ、【宝石としての価値】【骨とう品としての価値】と違う視点から見ます。

珊瑚の種類

珊瑚の色の違い

左から【ピンク珊瑚】・【桃色珊瑚】・【紅珊瑚】・【血赤珊瑚】

血赤珊瑚と名は禍々しいですが、別名オックスブラッドとも呼ばれ、最高級の珊瑚になります。

斑点や色ムラがないほど質がイイ珊瑚です。

 

ですが、

桃色珊瑚は他の珊瑚より彫刻がしやすいので、桃色珊瑚でも歴史、作者、大きさなど桃色珊瑚でも【骨董価値】が高い物も数多く存在しています。

白珊瑚・黒珊瑚

白珊瑚と黒珊瑚

普通の珊瑚とは少し肌色が違いますが、珊瑚には画像のような白や黒のものもあります。

白珊瑚は少しピンク色が混ざっている場合が大半ですが、純白なきれいな白珊瑚だとかなり希少で価値が高くなります。

黒珊瑚は古来より厄除けとして使われ、数珠などに使われます。

サンゴ原木の価値は?

68万で売れた赤珊瑚の原木置物

そのまま原木が置物として使われている赤珊瑚。

68万の値が付きました。

形も色もきれいですね。血赤珊瑚、純白珊瑚の整った置物なども高値がつきます。

3万7千円の値が付いた珊瑚の原木

原木のイメージのままの原木。

こちらは3万8千円の売値です。重さは60g

血赤珊瑚、白珊瑚などの【色、色ムラ、濃さ】【形】【大きさ】が価値の決め手になります。

珊瑚を高く売るには

  • 大手買取業者で売る(物を売るのは絶対に大手を選びましょう)
  • 骨董、宝石の両方でしっかりと査定してくれる業者を選ぶ

 

買取は規模の小さい業者が大手より高く買取るって事はまずありません。

例えば大手ですと【大量に仕入れて海外で売る】【オークションで大手で知名度が高い=高く売れる】

販売力=買取額

これらは直結していますので、大手で売ることは物を売る際の必須条件になります。

 

【大手】【骨とう品買取】【宝石買取】でなおかつ対応も良く、口コミ評判がイイ業者ってなるとかなり絞られます。

その中でも1番オススメ業者はこちら

今すぐ申し込む

高価買取専門!アクセサリーの買取【バイセル】



CMで見かけた方も多いと思います。

実際に査定してもらった方の口コミもかなり高評価が多いです。ダメな部分を挙げるなら【宅配買取でキャンセルすると返送料金が発生する(数百円)】ぐらい。

 

ですが、

出張買取だとキャンセル料も無料。

女性の査定人も指名可能(女性限定)ですので、気軽に鑑定してもらいましょう。もちろん骨とう品買取にも力を入れています^^

不要な骨董品、想い出の骨董品、売るなら【バイセル】