銀貨の買取相場を種類別にまとめてみました

銀貨も金貨と同じく、同じ種類のお金でも書体や刻印によって価値が変わります。

大体の場合は製造された年で判断する事ができますが、思わぬプレミア価値が付く可能性もありますので、1度プロに鑑定してもらう事をオススメします。

例えばですが、
極めて少数のエラー古銭などの場合などは表にそういった情報は出てきませんからね^^:

安易に素人目で判断してオークションなどで売るのは大損する場合があります。

無料査定【オススメ】古銭や記念コイン高価買取で評判のイイ買取専門店

目次(押すと開きます)

旧1円銀貨

旧1円銀貨

製造年・明治3年

直径・38.58㎜

品位・金900/銅100

量目・26.96g

旧1円銀貨の価値は4万円~15万円。【欠貝円】だと15万円~60万円の価値がつきます。

【欠貝円】の見分け方は簡単で、【圓=円】貝、4画目の横線が欠けていると【欠貝円】。

正貝円と欠貝円

画像左の字体になります。

なお、画像右の正常な字体は【正貝円】と呼ばれています。

丸銀打ち

丸銀打ち

画像のように〇で囲まれた【銀】刻印が打たれている銀貨の事を【丸銀打ち】と分類されています。

丸銀打ちだから価値が安い、高いって事はありません。

新1円銀貨

新1円銀貨

明治19年以前に製造された銀貨は【大型】※直径・38.6㎜

明治21年以降のものは【小型】※直径・38.1㎜

明治20年はどちらも存在しています。

量目は共に26.96g

新1円銀貨の価値は大型1円銀貨が1万円~
小型1円銀貨は5千円~ 程度の物がほとんどです。

ですが明治8年に製造された大型銀貨は60万円以上の希少価値がつきます。

貿易銀貨

貿易銀貨

直径・38.58㎜

量目・27.22g

貿易銀はアメリカやイギリスとの貿易専用として発行された銀貨です。

明治8年~11年に製造されました。

貿易銀の価値は4万円~10万円といったところです。

貿易銀は精巧な贋作が特に多いと言われていますので、購入の際には充分に気を付けましょう。

旭日竜銀貨

旭日竜50銭銀貨

旭日竜銀貨は50銭(大型)(小型)、20銭、10銭、5銭の種類があります。

 

旭日竜銀貨の価値は50銭2,000円~~
20銭500円~~
10銭500円~~
5銭1,0000円~~

50銭銀貨、【大竜】に分類されるものは5万円以上の希少価値がつきます。違いは以下の画像をご覧ください。

旭日竜銀貨・大竜少竜の違い

竜50銭銀貨

竜50銭銀貨

竜銀貨は50、20、10、5銭の単位があります。

1万円以下の価値であることがほとんどで、1,000円にも満たない事も多いです。

ですが、

100万円を超えるような竜銀貨もあり、製造された年で簡単に判別できますので、希少価値が高い竜銀貨を以下にまとめておきます。

明治7年、明治9年製造の竜50銭銀貨。

明治13年製造の竜銀貨は全ての額面においてかなり希少。

旭日50銭銀貨

旭日50銭銀貨

旭日銀貨の額面は50、20、10銭。

旭日銀貨の価値は明治44年製造の旭日20銭銀貨のみ1万円以上の値が付きますが、例外を除いて1000円以下の価値しかつかないです。

八咫烏銀貨

八咫烏20銭銀貨

八咫烏銀貨(やたがらすぎんか)は50銭と20銭の額面があります。

大正7年、8年に製造されましたが、銀価格騰貴(銀の価値が高騰)のため回収されたので流通しませんでした。

そのため現存数が少なく希少価値が高く、100万円以上の価値がつく事もあります。

小型50銭銀貨(鳳凰)

小型50銭銀貨(鳳凰)

大正11年~昭和13年に渡って多くの枚数が製造流通しました。

基本的に希少価値はつかず、単品だと売る事すら困難なほどですが、画像のように昭和13年発行のモノは1万円程度の希少価値がつきます。

日本銀貨の価値や概要まとめ

1円銀貨、貿易銀、八咫烏銀貨は高値で売れる。

その他の比較的新しめの銀貨でも、発行年によっては希少価値が高く、思わぬお宝になる可能性も大いにあります。

日本金貨と同じく、正確な価値を見極めるのはものすごく難しいですし公式鑑定はお高くつきますのでまずは無料査定を依頼しましょう。

それが1番リスクも少なく正確で、最も手間もかかりません。

古銭買取で口コミ圧倒的No1業者で申込む

高額買取なら【買取プレミアム】



 

 

 

日本金貨の記事はこちら

無料査定日本金貨・買取価格一覧表【新・旧金貨】